みずほ病院

■経鼻内視鏡のご紹介■

当院では、平成25年4月より経鼻内視鏡を実施しております。

★経鼻内視鏡って?

口からの内視鏡検査では喉の奥、舌の付け根を通るため「おえ~」となる方がいらっしゃいます。
経鼻内視鏡は鼻から内視鏡を入れるので、この部分を刺激しないで検査することができ、より苦痛が少ない検査です。

鼻から入れるために、口からのものよりも細く作られています。約5mmほどの細さで、このことも苦痛の軽減につながっています。

また口を塞がないため検査中に会話をすることも可能です。

ただ、鼻の形状によってはうまく入らないこともあり、全ての人に実施できるわけではありません。
ですが、多くの方では問題なく挿入可能です。

★ピロリ菌

胃潰瘍や十二指腸潰瘍・胃炎の原因として、ピロリ菌が挙げられます。
これはヘリコバクター・ピロリ(Helicobacter pylori)という胃に感染する細菌で、胃の粘膜を荒らします。
この細菌に感染していると潰瘍を繰り返し、放置しておくと癌などの原因になると言われています。

ですが、薬の投与で除菌・治療することが可能で、以前は潰瘍がなければ薬を投与できなかったところ、感染していれば胃炎でも保険で投与可能となりました。

★ピロリ菌の検査

ピロリ菌に感染しているかどうかは色々な検査で知ることができます。
血液や便で調べることも可能ですが、投薬する時には「胃炎や胃潰瘍」があることも調べる必要があります。

内視鏡で胃を調べて胃炎や胃潰瘍があることを確認する時に、一緒に胃の一部を取って調べれば、両方を一緒に確認でき楽です。

経鼻内視鏡でもピロリ菌感染を調べることができます。

★内視鏡検査日が増えます

平成26年11月より土曜日を除く午前中は内視鏡検査が実施できるようになりました。
医師の都合による休診日もございますので、事前にお問い合わせ下さい。

医事課 電話:(076)-255-3008

内視鏡検査実施日
月曜 火曜 水曜 木曜 金曜 土曜
午前

土曜日は月1回の実施です

内視鏡検査をご希望の方は、受付や外来担当医までお声かけください。

2013-03-19公開、2014-11-01改訂