2014/01/06 15:36:42
  • みずほ病院からのお知らせ 2014-01-06 No.10

2014-01-06
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
    みずほ病院からのお知らせ
                  第10号
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

{EMAIL}宛てにお送りいたしております。
みずほ病院 臨床検査技師の宮岸です。
当院から皆様への情報をお送り致します。

内容
■家に帰ったら「うがい」「手洗い」をしましょう

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■家に帰ったら「うがい」「手洗い」をしましょう

寒い季節になりました。年末から感染性胃腸炎が流行しはじめ、これからはインフルエンザが流行する時期です。
インフルエンザはワクチンがあり、特に小児や高齢者に接種が勧められています。
でも、ワクチンを打ったからもうこれで安心かというとそうではありません。かかりにくくはしますが、完全に感染を防ぐことはできませんし、一般的な風邪に対しては予防効果はありません。

「うがい」「手洗い」「マスク」は良く言われますが、自分が注意することで風邪などの感染症を防げる手段として大切です。

▲うがい▲
イソジンなどの薬液を使わなくても、水によるうがいで十分効果があると言われています。薄い塩水や緑茶でのうがいも良いと言われます。
まず1回目、口の中をくちゅくちゅっと濯ぎ、2回目ガラガラうがいをするのが効果的。
外から帰ったら、ぜひ「うがい」をしてください。

▲手洗い▲
手洗いは手についたバイ菌やウイルスを洗い落とすためにします。
消毒剤などで菌を殺せなくても、手の表面からいなくなってしまえば感染の危険はありません。
固形石鹸の共用は石鹸の表面にウイルスなどが残ってしまう可能性があるので、できれば液体石鹸の使用をお勧めします。
石鹸を十分に泡立てて、手のひら、指の先、爪、指の股、手の甲、手首と全体を洗います。そしてそのあとしっかりと流水で洗い流してください。
手洗いは帰宅時だけじゃなく、トイレの後、食事の前にもしてくださいね。
風邪やインフルエンザだけでなく、感染性胃腸炎を防ぐ効果もあります。

▲マスク▲
マスクは基本的には「咳が出る人」がします。咳でバイ菌やウイルスをまき散らさないためにマスクで防ぎます。
あとはこの時期は乾燥を防ぐ効果が期待できます。
外からバイ菌やウイルスが入ってこないようにと思うなら、まめな交換が必要ですし、マスクの外側には触らないといった注意も必要です。ですがマスクなしで咳をしている人がいるなら、自分がマスクをして防ぐのも大切になってきますね。
しかし、まず「咳が出るならマスクをしましょう」、です。

手洗い、うがいの方法を図入りで説明しています。
http://benza.jp/anti-cold/easy/03.html
参考にしてくださいね。

昔からよく言われていますが中々実行できないのが「うがい」「手洗い」です。
今年の冬を元気に乗り切るために、ぜひやってみてください。

以上
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■後記

みずほ病院からのお知らせ 第10号をお届け致しました。
新しい年になりました。皆さまの平成二十六年が良い年になりますようお祈りいたします。
例年、1月の第2週くらいからインフルエンザの患者さんが増えてきます。
ぜひご自愛いただき、元気な冬をお過ごしください。
今後とも何卒よろしくお願いします。
{YEAR}年{MONTH}月{DAY}日{HOUR}時{MINUTE}分{SECOND}秒 {WEEK-JP}曜日

------------------------------------------
メールマガジン「みずほ病院からのお知らせ」
☆発行責任者:上田篤志(医事課)
☆公式サイト:http://www1.ocn.ne.jp/~mizuho-h/index.html
☆問い合わせ:mizuho@tiara.ocn.ne.jp(@→@)
☆メルマガ解除はこちらより行ってください:{DELURL}